キューモ ニュース

OCH×EDL×MNT『震災対策支援プロジェクト 学校の情報化緊急推進キャンペーン』

OCH×EDL×MNT『震災対策支援プロジェクト 学校の情報化緊急推進キャンペーン』

 

今、私達にできること:震災に対応できる安全安心な学校情報基盤システムを今すぐ準備するお手伝い

 

このたびの東日本大震災で被災された皆様、そのご家族ならびに関係者の皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。

沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:渡嘉敷 唯昭、以下OCH)、株式会社エデュケーションデザインラボ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:平塚 知真子、以下EDL、株式会社マンタ(本社:岡山県新見市、代表取締役社長:別所 政幸、以下MNT)の三社は、国立情報学研究所の新井紀子教授が緊急提言されている(http://researchmap.jp/joc0868pg-78/#_78震災にも強い学校の情報化基盤システムの導入推進に賛同し、国内すべての学校における情報化推進を強力にバックアップするため学校の情報化緊急推進キャンペーン<リンク!スクールICT」を立ち上げます。迅速かつ確実な導入サポートとして「NetCommons*搭載済みサーバー及びその運用管理サポート(SaaS for NetCommons)」、「学校用テンプレート2種の無償設定」さらに「メール配信サービス」をセットにし、平成243月末まで学校に無償提供いたします。

キャンペーンサイト:http://www.netcommons.net/link-school-ict/

 

本キャンペーン実施の主旨は、以下の3点です。

1.     学外への設置を促進する事により、平常時のシステムの安全性のみならず、今回の被災を教訓に、万一の事故や災害時の情報基盤として機能する環境の構築と、教育現場でのシステム管理業務負担軽減を支援する。

2.     オープンソース、クラウド型インフラの利用により、各機関の費用負担を軽減する。

3.     移行や導入後の即時利用を支援するためのテンプレートと、メール配信サービスを、導入段階から利用できる形で提供する。

 

キャンペーン提供サービスと各社特徴は、以下の通りです。

OCH社:沖縄県内にインフラ基盤を置いたクラウドサービスと、沖縄県からの24時間365日の有人運用監視サービスを全国に向けて展開。 本キャンペーンにおいても、同時被災リスクの回避といった観点では、もっとも信頼係数の高い環境と、ハードや通信環境といった様々なシステム運用監視面で、利用者の負荷軽減に協力させて頂きます。

EDL社:NetCommons公式マニュアルの執筆や毎月国立情報学研究所で開催される初級講座で講師を担当する等、導入支援ならびに運用コンサルティングに関する実績が豊富。テンプレートの設定と利用者のニーズに応じた柔軟な設定や運用のご提案でシステムカスタマイズなしにご希望を実現します。

MNT社:2005年より学校向けメール連絡網を手掛け、2009年にSaaS版の「Webスクールiネット」をリリース。学校に特化した管理のし易さ、空メールによる保護者メールアドレス登録の簡単さ、個人情報の保護対策で評価をいただいており、現在の利用者数は約120校、45,000人。メール配信システムの早期導入支援として、システムの提供と初期登録にご協力いたします。

今回、各社日頃のご愛顧に感謝するとともに、日本国内教育の情報化推進を強く支援させていただく為、本キャンペーンを共同で実施させていただきます。

※本キャンペーンは学校教育法に規定される、国立学校、公立学校、私立学校樣で、学校の情報化に際してSaaS NetCommonsで情報共有基盤の緊急導入を行うユーザー様に限定させていただきます。

※また本キャンペーンの趣旨に賛同してくださる学校関係者様が学校のためにご利用いただく場合にも適用いたします。詳しくはお問い合わせください。

*NetCommonsは大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構の登録商標です

 

◆キャンペーン詳細 >>>  http://www.netcommons.net/link-school-ict/

期 間:2011411日より2011831日まで

内 容:キャンペーン期間中に申し込まれた学校法人は下記①~③をご希望に応じてご利用になれます。

NetCommons搭載レンタルサーバー(SaaS for NetCommons・共用サーバープラン)を平成243月末まで無償貸出(1)いたします。オプションサービス(参考資料参照のこと)をご利用になる場合は、キャンペーン期間中であっても別途費用がかかります。

1.NetCommonsがあらかじめインストールされたサーバーの保守とシステムのバージョンアップ、トラブル対応、セキュリティ、ネットワーク保守等、専属SEが貴校のサイトを見守ります。

②学校テンプレート(2)を無償で設置後、提供いたします。

2.学校テンプレートとは、あらかじめEDLが基本メニューとページ内のモジュール(機能)を構築、設定しておくサービスのことです。このサービスをご利用いただくことでインストール直後のNetCommonsから導入されるよりも、構築時間の短縮を図ることができます。 現在すでに運用している学校ホームページからの完全移行については別途ご相談ください。

③メール配信サービス「Webスクールiネット」を平成243月末まで無償で提供いたします。

 

◆関連サイト

Researchmap新井紀子教授研究ブログ「学校の情報化でまず取り組むべきこと」http://researchmap.jp/joc0868pg-78/#_78

NetCommons公式サイト http://www.netcommons.org/

SaaS for NetCommons&ネットコモンズ玄人サイト http://www.netcommons.net/

●沖縄クロス・ヘッド株式会社(OCH)企業サイト http://www.och.crosshead.co.jp/

●株式会社エデュケーションデザインラボ(EDL)企業サイト http://www.edl.co.jp/

●株式会社マンタ企業サイト http://manta.jp/

●スクールiネットサイト http://www.school-i.net/index.html

 

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>

株式会社エデュケーションデザインラボ(EDL

担当 大槻・入江

305-0051 茨城県つくば市二の宮3-14-21

Tel: 029-851-8380 Fax: 029-886-5376

E-mail: info@netcommons.net

  2011/04/11   admin